オンラインカジノが違法にならない理由とは

日本では賭博罪が法律で制定され、出来るギャンブルは制限されています。公営ギャンブル以外のギャンブルを私的に行うと、罪に課せられてしまうというものです。

それではオンラインカジノも違法なギャンブルになってしまうのでは…?と心配に思われる方もいらっしゃるでしょう。しかしオンラインカジノは、日本で思う存分楽しんでも、捕まってしまう心配は、今はないのです!

その理由について、事実を交えながらご紹介していきます。

日本国内での公営以外のギャンブルは違法です

日本国内では、公営のもの以外のギャンブルをしてしまうと、それは違法となります。

競馬・競艇・競輪・オートレース・宝くじは、その点大丈夫なのでしょうか?同じギャンブルでも国が認めている限り、違法にはならないというのはある意味、当然のことですよね。そもそも公営なものが違法なわけがありません。

パチンコ・スロットに関しては、3点方式という独自の方法で法の目をかいくぐっています。これは合法でも違法でもない、いわゆるグレーゾーンにあたります。

これ以外のギャンブルに関しては、日本では全て違法となります。賭けマージャン、野球賭博…数々の賭博で逮捕者が出ており、ニュースになることもあります。

それでは同じギャンブルであるオンラインカジノは、どうして違法行為として捕まったりしないと言えるのでしょうか?

オンラインカジノが違法にならない理由とは

オンラインカジノが違法にならないのはなぜでしょうか?

オンラインカジノは日本で運営されているものではなく、海外にあるものなので、日本では法律によって規定出来ないものである、ということがその理由です。

海外に拠点を置くものに対しては、その国の法律が適用されるものであるということは当然でしょう。合法と認められた国における運営に法的な問題があるはずはないですよね?

そして日本からそのオンラインカジノにアクセスする場合ですが、これは日本の法律が想定する「賭博」には当てはまりません。

日本の法律では、運営も賭ける側も日本にいることを想定しています。それに日本の法律であっても、海外の運営会社には何も規定出来るわけがありません。

例えば、モザイクのない無修正アダルトビデオは本来違法なのですが、ネット上には無修正動画を見られるサイトはたくさんありますよね。

そのようなサイトは、サーバーを海外に設置し、そこに動画を格納されており、視聴者は日本国内ではなく、海外のサーバーにアクセスしての動画視聴となるので、違法とは言えないと解釈されるのです。

海外のカジノサイトに日本人がアクセスしているからといって、日本国内で賭博を行っているわけではないですよね。さらに日本の法律で海外の出来事を裁けるはずがありません!(それでは治外法権になってしまいます。)

これまで見てきた通り、オンラインカジノを日本でプレイをしたとしても、海外のサイトにアクセスして行う行為なので、法律でさばける対象にはならないということがわかりますよね1

法律にふれるからオンラインカジノで遊ぶのは怖い…という心配はせず、思いっきり自宅でカジノが楽しめるなんて、良い時代になりました!

誰もが気になるオンラインカジノ利用者逮捕者発生事件について

しかし実は日本の犯罪史上、日本国内からオンラインカジノにアクセスし、プレイしたことが原因で逮捕されてしまったという事案があります。

運営元が海外にあるという前提であることから大丈夫なはずなのに、なぜか逮捕されてしまったのです。

その背景にはオンラインカジノの著しい成長というものがあり、オンラインカジノの広がりが日本の賭博を侵食してしまっている、と判断した日本の警察がその人気に歯止めをかけるために、見せしめとして逮捕したものだ!ともいわれました。

この事件は地上波のニュースでも報道されたため、オンラインカジノでのプレイをしたら逮捕されてしまう…という認識をもつ方はいまだにいらっしゃいます。

しかし、この事件に徹底的に抗議した弁護士のおかげで、3人のうちの1人が不起訴処分となったのです。

残り2人は裁判で争う前に罰金刑を受けてしまいましたが、立ち向かった1人が、オンラインカジノは起訴するにあたらないものである、と司法に認めさせたのでした。

かなり端的な説明になりますが、不起訴となって理由は、運営元を司法で裁けないのに、利用客を裁くのは法の拡大解釈になってしまう、というものでした。

この不起訴という司法の判断により、再びオンラインカジノでの逮捕者が出ることはなくなりました。

今は逮捕の心配をせずにオンラインカジノを目一杯楽しんでも問題が無いなんて、たまりませんよね!

Posted by webmaster